高速回転する方舟の片隅で。

勢いしかない駄弁り映画ブログ。

【80年代】のラストピースは【漢気】だ!!!『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』バレあり感想。

f:id:berserkun:20170608124647j:image脳髄が蕩ける渋さ!!

あの陽気な連中が帰ってきた!!!

ノリと景気の良さはそのままに。スケールは果てしなく広大に!!完璧な続編として!!!

 

今回はいつにも増して真面目なあらすじなどはなし!!!本気で他のブログ行くことをオススメする!!

それと「リミックス」という日本独自なサブタイトルがつけられた件に関しては他のブログやtwitter散々なじってくれてるので当ブログでは語るのは控えよう!!

日本公開されただけでもありがたい!という日和見なスタンスで!!

 

さて、早いもので前作公開は3年前。

作中ではほぼ時間は進んでいないっぽいが、当シリーズはMCUの一部!

マーベルシネマティックユニバース(MCU)とは? - 高速回転する方舟の片隅で。

シビルウォーという一大事件が合間に起きているものの当シリーズの舞台は遠く離れた銀河の果て!!

そんなことは影響するはずもない!!よってリンクはほぼなし!という潔さ!!

ごちゃついたシリーズの中でも前作さえ見ていれば間違いなくMCU入門編としておすすめできるような超傑作として仕上がっていた!!!

 

思えばMARVELは俺流アレンジが非常に上手い。原作をそのまま実写化する、というよりは様々なエピソードをいい塩梅で調理してくれる。それでいて原作へのリスペクトも怠らない配慮。さらには様々な要素を取り入れる柔軟さ。ヒット作が続くのも頷ける話だ。

前作で言えば見事な「俺ら流スターウォーズを見せてくれた。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』バレあり。感想。新たな宇宙大戦争だ!! - 高速回転する方舟の片隅で。

しかし今作では驚きの方向に舵を切る!!

予想だにしなかった嬉しい誤算な方向転換!!!

今作はまさかのMARVELによる「俺ら流エクスペンダブルズ」だ!!!

要因は主にこの2人の参戦!!f:id:berserkun:20170609042837j:image“スネーク”カート・ラッセルf:id:berserkun:20170609042840j:imageランボー〈スタローン〉

もうこのご両人を同時に拝んでしまうとあの映画を連想せざるを得ない!

f:id:berserkun:20170608124837j:image『デッドフォール』!!

〈LET'S DO IT!〉という直球さ!

ざっくり言ってしまえばよくあるバディアクションではあるのだが!

通常バディものはそれぞれ性格や特技などは真逆、そんな凸凹な2人が最終的に手を組み事件解決!というのが暗黙の了解的に存在する。

しかしそんな当たり前が通用する2人ではない!!

凸凹感は申し訳程度!!結局2人していつもの暴力で事件を粉砕する!!f:id:berserkun:20170608125025j:image貴重な眼鏡スライ。

今こそ見よう!!死にそうな昼下がりにでも!!

 

噂によれば『エクスペンダブルズ』の当初のキャスティングでカート・ラッセルに声をかけたらしいスライ。

しかし「アンサンブルキャストには興味ねぇ!」と突っぱねられてしまった過去がある。

その後、奇跡の暴力アンサンブルのワイスピシリーズにノリノリで参戦していることの説明がつかんが!!!f:id:berserkun:20170608125117p:imageむしろこれ以上のアンサンブルを探す方が難しい!!

このときのスライの胸中はどうだったかはわからない。まぁ良いイメージは持っていなかっただろう!! 

その魂をエクスペンダブルズにぶつけたであろうことは想像に難くない!!f:id:berserkun:20170608225655j:image圧倒的完成度の初期メンバー達!!これぞ元祖奇跡の暴力アンサンブルだ!!ここにカート・ラッセルが入ってたかと思うとゾッとする!!

 

しかしそれから若干の年月が経ちどちらもまるくなったのか…もしくは今現在飛ぶ鳥を落とす勢いのMARVELからの誘いは断れなかったのか!

ともあれカート・ラッセルスライがこうして同じ作品で見られるというのは非常に感慨深い。f:id:berserkun:20170608125217j:imageもはや大量破壊兵器の二丁拳銃!!

 

しかし個人的見解になるがエクスペ勢やワイスピ勢はどうもファンタジーとの食い合わせが悪い。 

例えばヴィン・ディーゼルf:id:berserkun:20170609233214j:image本シリーズではグルートの声優を務め、奇しくもワイスピではカートラッセルとの共演も果たした近年右肩上がりの漢。

ワイルドスピード』『リディック』『トリプルXなどをそれぞれ再起動させてきた有能ではあるが…

新作ラスト・ウィッチ・ハンターはそうもいかなかった。

ヴィンは800年間魔女狩りを続けているハンターを演じているのだが。相も変わらずに仏頂面でスポーツカーを乗り回す徹底された役づくり!!f:id:berserkun:20170609035736j:imageワイスピとの違いは武器は刀剣!!敵は魔女!!というくらい!

 

そしてヴァンダム。f:id:berserkun:20170609233255j:imageベルギーの開脚帝王。

ドルフ。f:id:berserkun:20170609233313j:imageロシアの核弾頭。

このご両人が手を組んだ歴史的共演作といえば『ユニバーサル・ソルジャー』だ。f:id:berserkun:20170609042758j:imageまぁ良くもないが悪くもない。

派生作の多さはまるでMARVELを先取りしたかのよう!!

 

なんとステイサムですら!f:id:berserkun:20170609233450j:image英国の下町っ子。

名作率ほぼ100%なはずな漢。しかし唯一の黒歴史とも言えるのが『デス・リベンジ』だ!!!f:id:berserkun:20170609035551j:image安いロードオブザリングな世界観で農民ステイサムが頑張る!!やたら近年的な佇まいで!!

ちなみに2の主演はドルフだ!!f:id:berserkun:20170609035643j:image世界的ファンタジーなはずなのにラストバトルは一軒家!

「俺の主演作で面白いのは3つか4つだよ」とはドルフ本人曰く。

I.Q180も考えものかもしれない!!

シュワちゃん×SF=ターミネーターなどの傑作もあるが、やはりこの手のアクション俳優の本領はいかにゴツい近代兵器を振り回せるかにかかっていると思う。

そして意外というかなんというかエクスペ&ワイスピ勢はアメコミものに出ていたりもする。前述の通りグルートの声優はヴィン・ディーゼルだ!!f:id:berserkun:20170609035814j:image今作ではベイビーなためにヴィンの音声は加工されているが!!

そしてMARVELと言えば忘れられないこの漢。最高のハマり役でありビールとの相性抜群ブレイドスナイプス!!f:id:berserkun:20170609035929j:image最近MCUに組み込むためにスナイプス残しでリブートされるとの噂だ!!わかってる!!

初代パニッシャーであり『ARROW』にもヴィランとして参戦、さらに『アクアマン』のライバルとしてDCEUにまで殴り込む予定のドルフ!!f:id:berserkun:20170609043014j:imagef:id:berserkun:20170609043022p:image勝てそうもないオーラ!!!

どんな仕事も断らない謙虚さ。そこは核弾頭級だ!!

さらにはあのステイサムにもドラマ版デアデビルの宿敵ブルズアイのオファーがきていたくらいだ!!f:id:berserkun:20170609043111p:image見たかった!!ぜひに!!

そしてシュワちゃんですら!!f:id:berserkun:20170614100726j:imageバットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』にて悪役を好演!!

能力よりも寒いギャグで観客興行収入を凍てつかせ、シリーズを永久冬眠に追い込むスーパーヴィランっぷりを見せつけてくれた!!!

さて、本命のスライ!!!f:id:berserkun:20170610231438j:imageプライベートでもオーラ満載。

オレ流ヒーローが多いイメージだが、かつてイギリスの傑作グラフィックノベルの実写化を買って出た過去がある。

f:id:berserkun:20170608231810j:imageジャッジ・ドレッドだ!!

「新世紀は、ここから始まる。」

「究極の正義は、ためらわない。」

と80年代満載のキャッチコピー! 

荒れ果てた近未来で警察官、裁判官、死刑執行人を一纏めにした主人公ジャッジ・ドレッドを熱演!!

これ以上ないくらいキリングマシーン向きな仕事選びだが、原作では一度も脱がないヘルメットを開始20分程度で脱ぐ!!あとはいつものタンクトップスライが大暴れ!!という原作至上主義なファンが見たら卒倒必至な迷作だ!!f:id:berserkun:20170608231937j:imageスライに任せたらこうなるだろ!そりゃあ!!としか言えないがまぁそこは致し方ない。実際好きだよ!!俺は!!

まぁ2012年にガチめにリブートされ傑作として生まれ変わってしまったために、原作ファンはもちろん映画好きからも忘れられてしまった哀しき作品でもある。f:id:berserkun:20170608232000j:image2012年版ジャッジ・ドレッド!!

ヤベぇ女が支配する雑居ビルに殴り込む!!!の一言なド直球アクション映画!!激しいアクションが好きなら文句なしにオススメた!!!

 

…とまぁ、ファンタジー同様になかなかにヒーローものとも食い合わせが悪いことも多々。まぁそこは素がヒーローだから!!という強引な理論で押し通させていただくが!!

事実、史上最大の同窓会と謳われたエクスペンダブルズ2のキャッチコピーは『俺たちは、変身しなくても強い!!』だった!!!f:id:berserkun:20170609040026j:image圧力、無限大!!

同年公開のアベンジャーズに真っ向から喧嘩を売る姿勢!!

この潔さは貫き通された漢気の表れでもあると信じて疑わない!f:id:berserkun:20170610063210j:imageまさか数年後にリーダーが出張ってくるとは夢にも思わなかった!!!

 

ともあれ、一見水と油に見えるこの2つの要素。しかし当シリーズガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのテーマはズバリ〈80年代〉!!! 

例えば。主人公であるピーターは幼少期に地球から攫われてしまった過去がある。そこで唯一の地球との繋がりを忘れないようにか当時(80年代)の映画や音楽がこれでもか!と話題に上がる!!!

そんな本シリーズ。80年代を代表する根っからのヒーローが噛み合わないわけもない。結果として物の見事に調和しているのであった。

というか本作では初っ端からラッセル!!場転してスライ!!またラッセル!!と「あれ、これMARVEL映画だよな?」と問いたくなるような話運び。

さらにはそんな2人に引きずられるかのように他のメンツも漢気が加速していく!

前作ラストにおいて〈ファミリー〉となったガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの面々。

宇宙には「気を遣う」という概念などない!!とばかりに口を開けば罵詈雑言のオンパレード!!

「バカ」だの「ブス」だの「ゴミパンダ」だの!!!!

まさかMARVELにてここまでの男子校スピリットが見られるとは思いもしなかった!! 

しかもその精神はピンチに陥ろうが忘れられることはない!!むしろ加速していく!!!

作中。敵に囚われてしまう〈ゴミパンダ〉ロケット

周りの人間はバンバン宇宙空間に放り出され殺されていく圧倒的危機の中!!一切屈さないどころか徹底的に敵の親玉を煽っていくスタイル!!!それももうコテンパンに!!

釣られて他の雑魚勢も笑ってしまうほど!!!

この余裕さ、軽妙さ。もはやステイサム感すらある!!!

そういえば途中で多勢の敵に襲われたときには『メカニック』ばりの即死トラップをばら撒きつつワイルドカード並みの容赦ない肉弾戦を披露していた!!!f:id:berserkun:20170609040128j:imagef:id:berserkun:20170609040135j:imageほぼイコールな両人。

アライグマいかついおっさんという真逆にも程がある外見を除けば!!

 

しかしそんな中でも一際〈80年代〉感が溢れているのがカート・ラッセルだ!!登場シーンからしてもうヤバい!!

宇宙空間にて無数の敵軍に追われることになってしまったガーディアンズ。操縦はピーターとロケット。船内で「宇宙一のパイロットは俺だ!!」という子供すぎる意地の張り合いが行われつつも小惑星間を潜り抜け見事に殲滅する!!f:id:berserkun:20170609044451p:image見事!! COOL!!!

しかし!!敵は黄金の国!そんなことで資金が尽きるはずもなくそれまでの数倍の宇宙船軍に囲まれてしまう!!!

万事休すか…と思いきや!!!

その数百にも及ぶ軍隊が一気に壊滅する!!!

その攻撃の元を見るとなんと宇宙に素肌で立ち尽くすカート・ラッセルが!!!

思考停止して笑う他ないGotG観客であった。

一見すればギャグすれすれなこのシーン。異次元に引きずり込まれたこの感覚。強烈な既視感を覚えずにはいられない。

そう!!エクスペンダブルズ2におけるチャック・ノリスだ!!!f:id:berserkun:20170608232040j:imageチームEXPでもお手上げだった戦車軍をどこからか一掃し、優雅に歩いてきたあの衝撃と!!全く同じだ!!!

 

さらにラッセルは出オチだけで終わる漢ではない!

なんとラストにはピーターと光速の殴り合いをおっぱじめる!!

スーパーマンドラゴンボール!なラストバトル!!!!両者とも凄まじいパワーを持ちつつも素手オンリーな潔さ!!!!f:id:berserkun:20170609234549j:imagef:id:berserkun:20170609234552j:imageイメージ図。マジでこのまんまだ!!! 

劇場で失神しかけたのは久方ぶりだ!!これぞ ザ!80年代!!

コマンドーに始まりエクスペンダブルズ2に至るまで!!!

漢同士の喧嘩は拳だ!!!!

 

当然その息子であるピーターも負けてはいない!!

序盤では良い父親を演じていたラッセルに心を許してしまうも、その実「宇宙中の女を孕ませまくる&産まれた子供が出来損ないなら殺す」とい文春でも処理しきれないレベルのスキャンダル帝王だったことが判明!!!

しかも最終的に自分の母親を殺していた!!という反吐が止まらない程のドクズであったことを知る!!f:id:berserkun:20170610055112j:image映画史上類を見ない最低父親エゴ」。

名は体を表しすぎだ!!

当然ヘラヘラキャッチボールをしているわけにはいかない。

観客が事態を飲み込むより早く男たちの挽歌ばりのオーバーキルの光速二丁拳銃を叩き込む!!!f:id:berserkun:20170609044722p:imageマグニフィセント・セブンでも早撃ちだったがこちらはレーザー銃!!

比喩抜きで光速だ!!!溜飲が下がりまくる!!!

そして上記の殴り合いに!という流れだ!!本作何度目かになるMARVEL忘れが到来する!!

 

そして忘れてはならない漢。スライ。

役どころは宇宙のならず者集団〈ラヴェジャーズ〉首領。

前作にてブイブイ言わせてたヨンドゥすら怯えてしまう程のリーダーという立ち位置。もう登場からして頷く他ないキャスティング。

それだけのカメオ出演か、と思いきや終盤にとんでもない大玉花火を打ち上げてくれる!!!!

ラストの武装シーンはもう「宇宙版チームEXP」と言って差し支えないほど!!!

 

…とまぁここまで何人の方が呼んでくれたかわからんが!!!

以上が「MARVEL流エクスペンダブルズ」と断言できる所以だ!!!!

80年代の最後のマスターピース〈漢気〉だ!!と言わんばかりの追加要素!!!

さらにそれだけで終わらないのが天下のMARVEL!!なんとここに家族愛すらブチ込む暴挙を決行!!!

 

最も根幹をなしているのはピーターの父親を巡るドラマだ。

ずっと行方知らずだった実の父親に会えてうっかりガーディアンズすら捨てそうになってしまうピーター。

しかしここに紆余曲折あったヨンドゥが絡んでくる!!

前作から引っ張られていた「なぜピーターにだけ甘いのか」問題の真相が判明したとき、観客の涙腺は決壊する!!

生みの親であるエゴ。

育ての親であるヨンドゥ。

どちらが本当に自分のことを愛してくれているのか!!

ラストの自己犠牲卑怯すぎる回想シーン、そして「お前の父親はあいつ(エゴ)だが親父は俺だ…」という名台詞。

音楽も相まってかなり腰にクる!!!

今作で株を上げたのは間違いなくヨンドゥだ!!!f:id:berserkun:20170610224436j:image口笛で操る矢〈ヤカ〉の使い手!

さらに今回はなんとピーターだけではなくロケットとも抜群の絡みを見せる!!f:id:berserkun:20170610224616j:imageガーディアンズの良き親父!!!

中盤の見せ場である脱獄シーンのかっこよさはアクションとしてもアートとしても満点すぎて泣けてくるぞ!!f:id:berserkun:20170610224703j:image横並び! そして余裕な脱獄!! 名作アクションの鉄則だ!!!

もう観賞後には今までのMARVEL映画で感じたことのない感情に襲われるほど!!!

俺はしばらく放心状態だった!!

 

他にもガモーラネビュラの姉妹ドラマ、ガーディアンズのファミリー愛、そしてグルートの子育て奮闘記などなど…とにかく最初から最後まで徹底された様々な家族愛描写の数々。そしてそれらを度を超えた現時点最高峰のCGで包み込む!!!!f:id:berserkun:20170610225227p:image息を呑むとはこのこと!!!マジで画面の美麗さだけでも劇場に行った価値はあった!!と言える!!!

80年代、家族愛、アクション、ドラマ、美麗すぎる景色…ともすればぶつかり合ってごちゃつきそうなところを!!

全てギリギリのさじ加減で上手く配合する器用さ!!!

 

よく考えてみれば前作とは全く毛色の違う仕上がりになっていた。

それでも始めと終わりがよければ全てよし!!だ!!!

前作以上に陽気なアクション、コメディ、ミュージカルが高次元で融合した惚れ惚れするオープニング!

そしてグダグダしない幕引き!!

スパッと終わりエンドロールへ!!

しかもそのエンドロール中には多数のオマケ映像が!!!

MARVELではポストクレジットは恒例だがそれにしても恐ろしいほどのサービス精神!!

 

観終わった後の清々しさは他の比ではない!!!!

 

お洒落で泥くさく、そしてカッコいい。

完全に独自の、そして唯一無二の超傑作だ!!!

 

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』では一体どう絡んでくるのか。

そして完結篇である『Guardians of the Galaxy vol.3』はどうなるのか。

そしてスライは再登場するのか!!

 

今まで以上にこれからのMCUは目が離せなくなりそうだ!!!

 

本作の予告 ↓

アイツらが帰ってきた!『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』予告編 - YouTube 

 

漢気が欠落したtwitter

ばーさーくん (@bebebeberserkun) | Twitter