高速回転する方舟の片隅で。

勢いしかない駄弁り映画ブログ。

ジョン、一人で独裁国家転覆させるってよ。『リベリオン』紹介と感想。バレあり。

f:id:berserkun:20170625165456j:imageぱっと見は意識高め。

しかしその実は…

 

「好きな映画のジャンルは?」

映画好きが出会ったときに交わされる最初の質問である。

俺がそう尋ねられたとき、真っ先に挙げるのが「アクション映画」だ。というかそれしか語れないのだが!

人生で観てきた映画の9割はアクション。我ながらよくもまぁ飽きもせず観続けてられるな!!とも思う!

しかし一口に「アクション」と言ってもその中にはさらに枝分かれした様々なジャンルがある、と言いたい!

SFアクション。カーアクション。格闘アクション。ソードアクション。そしてガンアクション。などなど!!

そりゃ飽きないはずだ!!!

無論、どれが上などはない…が!その中でもやはり大好きなものはある!!

物理法則ガン無視のガンアクションだ!!!

もちろんリアリティ重視のアクションも愛してやまないが「主人公が最強無双もの」には採点が甘々になるどうしようもない癖がある。

そりゃ主人公が強ければ強いほどおかしな点は増えてきますよ。

敵の弾が全く当たらない。どう考えても動けないほどの重装備。それを無視した素早さ。そして気が向いたときにだけリロードすればいい主人公の銃火器などなど…挙げていけばキリがないかもしれない!

それでもそれらの矛盾を景気のいい暴力爆発で打ち消してきた偉大なる先人達には敬意の念を表さずにはいられない。f:id:berserkun:20170625170634j:image

主な偉大な先人。頭上がらん!!

しかしそれでも時代の流れだけには逆らえない。そんな80年代アクションが下火になるとある事変が起こる。f:id:berserkun:20170625170702p:imageマトリックス』革命である。

日頃アクション畑でない俳優ですら少し鍛えただけでワイヤーとCGでどうにかなってしまう驚異。

本来は技術の革新を喜ぶべきなんだろうが、やはり筋骨隆々な漢が好きな俺としては危機感を禁じ得なかった。

 

そんな近未来のワクワクと前時代の消失に怯えていた暗中模索な中!!

00年代にもうひとつの伝説が生まれた!!ひっそりと!!!

それが今回紹介するリベリオンだ!!f:id:berserkun:20170520203644j:imageあまりにも景気良すぎなキャッチコピー!!

上記で挙げたガンアクションでの矛盾点を全てオレ流物理学で克服!!

しかし確かに80年マインドを受け継いだ主人公の超無双!!!

そして昔から変わらぬ決意を秘めた漢の眼差し!!!!

そんな古今折衷とも言える、しかし確実に新時代の到来を革新した傑作SFガンアクションだ!!!!

まるで意識高い大学のサークルに昭和のヤンキーが殴り込んできたかのような素晴らしさ!!

「合う合わないは知ったこっちゃねぇ!!!俺はこれが好きなんだ!!」という監督の声が聞こえてくるようだ!!!!

 

そんな吉野家代官山店のようなあらすじ。

舞台は近未来。

第三次世界大戦後の世界。f:id:berserkun:20170520203830j:image曇天が似合うディストピア

三度にわたる世界大戦で懲りに懲りた人類。「争いの元凶は感情だ!」との結論に達し、それを消滅させる薬物摂取を義務付けられた。

つまりそこは「感情」が一切禁止された独裁国家だった!!

おかげで犯罪率は激減。というかほぼゼロな社会が出来上がっていた。f:id:berserkun:20170520203848j:imageそんな鬱々とした個性ゼロな国民の1人である〈ジョン・プレストン〉さん。

こんな世界になんの疑問も持たない優秀な国家の駒。

お仕事は感情を生み出す芸術品(本や絵画、音楽など)や反逆者を見つけ次第、即処分する特殊捜査官〈クラリック〉である。

いわば警察と死刑執行人を兼ねたような物騒な職務のプロであった。

今日も今日とて朝っぱらから感情違反者のアジトに単騎で豪快に押し入り皆殺しにする有能っぷりを如何なく発揮!!!f:id:berserkun:20170520204449j:image神懸かり的な登場。傑作の予感!!

そんなターミネーターのような暮らしをしていたとある日。うっかり感情統制薬を割ってしまう!!

本来は規則で新しい薬を貰わなくてはいけないのだが「今日は飲まなくてもいっか…再配布の行列並ぶのめんどいし」割と雑な判断でそのまま出勤するジョン!!

ここでジョンがコンビニ店員だったら大した問題になっていなかったかもしれない。

しかしジョンのお仕事は「感情を生み出すものを捜し出して殲滅する」というもの!

ガッツリ芸術品、さらには愛くるしい仔犬に触れてしまうのであった!!!f:id:berserkun:20170520204137j:imageびっくりプレストン。

そこで胸に湧き上がってくるもの。

その初体験な「感情」に戸惑いつつも任務を遂行しようとするが…

こんな仔犬を殺せるわけもない!

車に匿ってしまうのであった。

しかし違和感を感じた他の捜査官にハードな職質を受けてしまうジョン。f:id:berserkun:20170625170736j:image最初ははぐらかすもネチネチとした取り調べにめんどくさくなったのか!

急に過激派に転向する!!

具体的には場の捜査官を皆殺しに!!!f:id:berserkun:20170625170756p:image職質はこう躱せ!!! 

かくして追う側から追われる側になってしまったジョン。

もう後には引けない!!!!

こうなったらトコトンやったろうじゃないの!!!

仔犬一匹、ついでに途中で知り合ったレジスタンスのためにたった1人で独裁国家に闘いを挑むジョンであった!!!f:id:berserkun:20170520204328j:image覚悟を決めた漢の目!!

独裁国家、転覆させます。

 

…という潔いもの!!!

意識の高さを着飾った厨二映画であることはわかっていただけたかと思う。 

そしてそのファクターでもある一大要素!!

とにかく避けて通れない本作の特長として捜査官〈クラリック〉が使う特殊戦闘術ガン=カタが挙げられる。f:id:berserkun:20170625170939j:image完全に当映画オリジナルな格闘術なのだが!!

低予算を逆手に取り、妙な堅実さとファンタジーを融合させることに成功!!

具体的には複数の敵を相手にする際でも攻撃の軌道を予測しまるで舞い踊るかのように闘う術だ。f:id:berserkun:20170625165644j:image如何せん言葉で説明するのは難しい!!

とにかく「なぜ二丁拳銃という非現実的な戦法をとるのか?」という大人げない疑問自己流の論理的武装をぶつけたひとつのファイナルアンサーだ!!!

これにより上記で挙げた問題点。

敵の弾が当たらない → 軌道を予測しているから。

どう考えても動けないほどの重装備 → 最低限の装備で効率良く敵を倒せるから。ときには敵の装備も利用するし。

身のこなしの素早さ → 軽装に加え、動くべき場所がわかっているため。

気が向いたときにだけリロードすればいい主人公の銃火器予備のマガジンを所持。さらに袖口にギミックを仕込む周到さ。

 

…と問題をことごとく解消!!!

もう突っ込む隙がないな!!

そしてなによりカッコいい!!!f:id:berserkun:20170625170903j:image「カッコいい」は、正義!

現代のアニメや映画でも二丁拳銃ものには必ず影響が見てとれるほどだ!!

まさに大発明といえる!!

 

さらにそれだけに頼ることなく、キチンとした舞台背景の描写の数々。f:id:berserkun:20170625165806j:imageそして独裁国家のビジュアル。f:id:berserkun:20170625165743j:image

加えてジョンが感情を取り戻していく様などのドラマパート。

一流の製作陣と役者が本気を出していることがひしひしと伝わってくる。 

結果的にディストピア〉×〈オレ流二丁拳銃〉=《最強厨二》という奇跡の方程式が成り立つわけだ!!!

 

俺が一番最初にDVDを買った作品だけあって思い出補正もあるのかもしれない。

事実、本国では2週間ほどで劇場公開終了。日本では知る人ぞ知る隠れた名作となってしまった。

それでもガン=カタ〉スピリットは今も二丁拳銃を愛している者達の間で語り継がれている!!はずだ!!

 

それを証明するかのように近年、とんでもない後継作が現れた!!!

 

ジョン・ウィック』だ!!!

『ジョン・ウィック』バレあり感想!中二魂持ってるなら見ずに死ねない!!! - 高速回転する方舟の片隅で。

無双すぎる主人公。

そして戦闘スタイルは特徴的な二丁拳銃。その名も〈ガン・フー〉!!!

しかもこちらも戦争の火種は仔犬だ!!

あの魂は忘れられていなかった!! 

おまけに出来が良すぎたんだから狂喜する他ない!!

さらに嬉しいことに続編まで製作された!!!f:id:berserkun:20170625171146j:image『ジョン・ウイック:チャプター2』

日本では7月7日公開!!!

全米では既にDVD&Blu-rayが発売済みらしいがなんと売り上げ1位!!!

しかも前作も同時にトップ10入り!!

快挙にも程がある!!!

 

観ずに死ねるか!!!!

 

本作の予告。素晴らしい!↓

木曜洋画劇場CM リベリオン - YouTube

 

厨二から抜け出せないtwitter

ばーさーくん (@bebebeberserkun) | Twitter